11日朝早く、アメリカ軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が、沖縄の南およそ90キロの海上に墜落しました。

防衛省によりますと、11日午前6時半ごろ、嘉手納基地所属のF15戦闘機1機が、沖縄の南およそ90キロの海上に墜落しました。パイロットは1人で墜落前に脱出し、航空自衛隊に救助されていて、命に別状はないということです。

事故機は当時7機で訓練を行っていたということですが、詳しい状況はまだ分かっていません。

事故について翁長知事は次のようにコメントしました。「また新しい形でF15が落ちても、みんなまひしてしまって当たり前のごとく沖縄はそういう状況だと」。また翁長知事は「過去の事故が1つも解決しないまま事故が再発している」として、「先進国でこういう国はないのではないか」と憤りを示しました。