NBAスタディーツアー終え女子中学生が報告

本場のプロバスケットボールに触れるスタディーツアーに参加した沖縄市の中学生が25日、市長に帰国報告をしました。

沖縄市役所に桑江市長を訪ねた美里中学校2年の仲程しゑさんは、中学でバスケットボールをしていて、琉球ゴールデンキングスが募集したドリームスタディーツアーに応募し、合格。

3月下旬から6日間、サンフランシスコでNBAの試合を観戦したり、異文化に触れたりして学びました。

美里中学校2年仲程しゑさん「あんまり見られない選手とかも見られたり、その人たちが点数を決めるところを見て、やっぱりプロはすごいんだなと思いました」

仲程さんは、今回の貴重な体験を活かしたいと話していました。