アメリカ世知る 那覇市議会議事録

アメリカ占領下の那覇市議会の議事録を電子化する事業が4月に完了し、記念のパネル展が那覇市役所で行われています。

これは那覇市議会が1948年から復帰の年までの議事録を電子化し記録することで、市の歴史を知り、現在の問題を解決する糸口になればと進めていた事業です。

パネル展では、議事録の原本などが写真などと共に展示されています。こちらは1957年、市議会史上最長の82日間の会期中に当時の瀬長亀次郎市長に宛てた不信任議決の通知です。

訪れた人は「(電子化された)資料があると、私もそうですが、こんなことがあったのかと知れるので(残すことは)絶対に必要だと思います」と話していました。

パネル展は25日まで行われていて、電子化された議事録のデータは那覇市議会のウェブサイトから閲覧することができます。