長年に渡り、警察官に剣道を指導し、技術向上に大きく貢献したとして元県警察名誉師範の男性に感謝状が贈られました。

9日、県警で感謝状が贈られたのは、元名誉師範の田場典宣(81)さんです。田場さんは現職中から後進の育成に励み、現在までおよそ30年間、剣道や逮捕術の指導に当たっています。指導した警察官が、全国の警察の剣道大会で入賞するなど、県警察全体の技術向上に貢献したことが評価されました。

田場典宣さんは、「技ばっかり鍛えても、心が鍛えられなければ。心と体が一つなった剣道を」と話していました。田場さんは、今後も指導を続けるということです。