告示まで1週間に迫った沖縄市長選挙。両陣営の動きが活発になっています。 7日は自民党の幹部らが桑江朝千夫陣営に激励に入りました。7日夕方、沖縄市の桑江事務所には自民党の二階俊博幹事長ら幹部が訪れ、支持者や運動員らを激励しました。二階幹事長は「選挙で油断は禁物。桑江さんを当選させ、他の選挙に与える影響を築き上げていきたい」と述べ、皆さんの戦いを無駄にはさせないと激励しました。 自民党は桑江さんの応援に多くの国会議員を投入しています。一方、沖縄市長選挙には、新人で前の市議会議員の諸見里宏美さんも出馬を表明していて、今後、野党の国会議員らが応援に入る予定です。