優れた芸術・文化活動の向上に貢献した人や団体に贈られる沖縄タイムス芸術選賞の贈呈式が24日、那覇市で行われました。

沖縄タイムス芸術選賞は、沖縄の芸術文化の発展に貢献した人や団体を表彰するもので、52年の歴史を誇ります。今回は、書芸や美術、三線など10の部門で、17人と1団体に大賞が贈られ、奨励賞に21人、功労賞には3人が選ばれました。

書芸部門で大賞を受賞した宮里朝尊さんは、「芸道は無限の世界で頑張れば頑張るほど何かが見えてくるのが楽しい。芸術選賞で活力をもらい、楽々とカジマヤーまで頑張れそうだ」と喜びを語りました。

またQABがベトナム国営放送と合作したドラマでヒロインを演じた宮城夏鈴さんも演劇・映像部門で奨励賞を受賞しています。