宮古で厄払い行事 サティパロウ

宮古島上野野原の伝統行事「サティパロウ」が2月14日に行なわれました。

上野野原の伝統行事「サティパロウ」は旧暦12月の最後の丑の日に行なわれるもので、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

厄払いの神「パーントゥ」の面をかぶった男の子を先頭に、頭や腰に草を巻いた女性たちが集落をめぐり、厄払いをします。

最後は集落のはずれにある「ムスルンミ」と呼ばれる場所で身に着けていたものを捨て、厄を落として終わりました。