高江通行制止 県警の警備は違法と判決

東村高江の県道での警察官の警備のあり方は違法との判決です。

2016年11月、東村高江の県道で警察官に車両の通行を2時間以上制止された上、ビデオ撮影されたことは違法だとして、建設に反対する市民団体の弁護士らが損害賠償を求め県を訴えた裁判で、1月16日、那覇地裁は県警側の対応は違法だと判断し、県に30万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

那覇地裁の森鍵一裁判長は「県警の指揮下にあった警察官による車両の留め置きやビデオ撮影は原告の自由を制約するものであり、警察法などでも正当化できず違法である」と判決理由を述べています。

これに対し県警では「法令に基づき必要な措置を講じたもの。控訴するかについては判決内容を精査のうえ判断したい」としています。