南城市長選挙告示 現職と新人の一騎打ちか

任期満了に伴う南城市長選挙が14日に告示され、現職と新人の2人が立候補しました。

南城市長選挙は、14日午前11時までに、自民、公明が推す現職で4期目を目指す古謝景春さん(62)と、社民、社大、共産、自由、民進が推す元衆議院議員の瑞慶覧長敏さん(59)の2人が届け出を済ませ、2人の一騎打ちになる見通しです。古謝さんは、「日本一元気で魅力ある南城市」を掲げ、待機児童の解消や南部東道路の整備、大規模災害の防災体制の強化などの基本政策を訴えています。

瑞慶覧さんは、「市民が主役の市政にチェンジ」を掲げ、子ども支援プロジェクトや、お年寄りのための無料バスの運行、市民参加型の産業振興などを訴えています。

南城市長選挙の投票日は21日で、即日開票されます。