歳末助けあいクリスマスケーキ贈呈式

多くの人が楽しみにしているクリスマスを前に、22日、児童養護施設にクリスマスケーキが贈られました。

クリスマスケーキをプレゼントしたのは沖縄製粉で、歳末たすけあい運動の一環として年末のこの時期を楽しく過ごしてもらおうと、1992年から毎年ケーキの贈呈を行っていて今年で26年目になります。

2017年は350個のケーキが県共同募金会を通じて県内の児童養護施設や障がい者施設などに贈られるということです。

沖縄製粉ではこれまでに贈呈したケーキの数は6770個にのぼっています。