米軍C2輸送機が沖ノ鳥島沖で墜落

アメリカ軍の輸送機が沖ノ鳥島沖の海上で訓練中に海上に墜落したいうことです。

防衛省やアメリカ軍などによると、アメリカ軍の空母ロナルドレーガンの艦載機、C2輸送機が、11月22日午後2時45分ごろ、沖ノ鳥島の北百数十キロの地点に墜落したということです。

当時、現場では日本とアメリカが共同訓練中でCー2輸送機が何らかの原因で海上に墜落したとみられています。輸送機には、乗員11人ほどが乗り込んでいて、うち8人がすでに救助されていますが、この中に日本人は含まれていないということです。

現在、空母や、自衛隊もアメリカ軍とともに救助活動に参加しているということです。

午後4時過ぎ、嘉手納基地では、空母ロナルドレーガンの艦載機であるFA‐18戦闘機が15機、着陸している様子が確認されました。県の基地対策課などでは現在、情報の確認と収集を急いでいます。