タイ駐日大使が翁長知事を表敬訪問

11月1日は「泡盛の日」です。泡盛との関連も深いタイの駐日大使が翁長知事を表敬訪問です。

翁長知事と固い握手を交わしたのは、駐日タイ王国特命全権大使のバンサーン・ブンナーク氏です。沖縄とタイは、琉球王国時代から泡盛の原料となるタイ米などを交易してきた歴史があるほか、2017年2月には、那覇とバンコクを結ぶ定期便が就航するなど、関係を深めています。ブンナーク大使は、「知事とお会いできて光栄です。

これを機に、タイと沖縄が何らかの形で協力できたらと思っています」と話しました。2人はこのあと、県酒造組合が主催する「泡盛の夕べ」に出席します。