世界のからだにいいモノマーケット

那覇市のデパートでは、9月26日から県内や世界各地から「からだにいい」食品を集めたイベントが始まりました。

これは安全安心な食品に対する関心が高まる中、県内や世界各地からそれぞれの土地の食材を生かした体にいい食品をもっと知ってもらおうと、那覇市のデパートリウボウで開催されているものです。

会場の沖縄食材のコーナーでは、波照間島や久高島で採れたタカキビやモチキビ、そしてキビを使ったソースなど、離島の恵みをふんだんに盛り込んだ食品が展示販売されいています。

会場にはこのほか、香り高く、深い味わいで現地で人気の台湾産の紅茶など、世界各地からの体にいい商品が並べられています。

「世界のからだにいいものマーケット」は10月2日まで開催されていて、9月30日にはパレットくもじ前広場で参加企業が一堂に出展するフェアも開かれることになっています。