進学塾で大学入試センター試験出願式

2018年の大学入試センター試験の出願受付が9月26日からスタート。試験に挑む受験生が合格への誓いをたてました。

受験生代表は「本番までさりげなく頑張っていくことを代表として誓います」と宣誓していました。

大学入試センター試験まであと108日となった26日、出願書類の受付がスタートしました。こちらの進学塾では毎年、浪人生を対象に宮司を招いて出願式を行います。28日は約20人が参加し志望校合格を願いました。

山川義塾の山川学塾長は「きょうからラストスパートです。自分のバランスを崩さずに気を引きしめていこう」と受験生たちを激励しました。受験生は「ビリギャルみたいな感じで15時間勉強意識して頑張ります」「去年失敗したので今年は絶対受かろうという気持ちで臨みました」「絶対合格するぞって気持ちで頑張ります」「当日まで自分の弱い所を全部克服していけるように頑張ろうと思います」など、様々に決意。全員で出願書類を念入りに確認した後、郵便局員へ手渡しました。

大学入試センター試験の出願受付は10月6日の消印まで有効で、本番の試験は2018年1月13日から2日間行われます。