昨日行われた沖縄県ボディビル・フィットネス選手権大会。10代から、70代までの選手たちが鍛え抜かれた肉体を披露しました!県内の強者たちが集う中、リベンジに燃えていた山城則之選手。

去年の大会で優勝を狙うも惜しくも結果は、2位。今年こそは優勝を狙います。

Qプラススポーツ部 ボディビル大会

山城則之さん「(どれくらい体絞ってきたんですか?)今回は10キロ前後。今回はバリバリに絞るという考えよりも体の張りを残す作業をしながら」

大会は、筋肉の大きさとバランス、そして、ポージングの美しさが審査基準となります。

本戦がスタートしている中、選手たちは出番ギリギリまで体を追い込んでいきます。

参加者「(時間を)無駄にしたくないので」

参加者「最後まで頑張ります」

山城選手もいよいよ本番です。

山城選手「もうばっちりです。緊張はないです、落ち着いてあとは楽しむだけです」

Qプラススポーツ部 ボディビル大会

そして、上位6人が最終選考まで勝ち上がりました。審査員・観客の前で最後のパフォーマンスを見せます。

残り2人!!運命の結果発表は・・・!

「25番山城則之選手!」

山城選手「っしゃーーー!!!」

大会三度目の挑戦で、悲願の初優勝を果たしました!!

Qプラススポーツ部 ボディビル大会

山城則之選手「本当に嬉しいです。というかもうおいしいもの食べたいです(今一番食べたいものは?)アイスクリームですね」