環境NGOの日本自然保護協会が、20日、辺野古の新基地建設をめぐる自然保護の問題について、県と意見交換しました。

日本自然保護協会は生物多様性を守る立場から新基地建設に反対しているNGOです。20日、県庁を訪れた亀山章理事長は、新基地建設阻止に協力を求めた県に対し、「お役に立てれば」と述べ協力する考えを示しました。非公開で行われた会談では、埋め立てられる海から残る部分へサンゴを移植する計画の確実性が保証されていない、といった点を問題として挙げたということです。

また、埋め立て承認の際の条件として設置された「環境監視等委員会」がチェック機能を果たしているか検証すべきだと提言しました。