辺野古で護岸工事反対の抗議集会

連休明けから急ピッチで作業が進んでいる名護市辺野古のキャンプ・シュワブの新基地建設に反対する抗議集会が27日に開かれ、建設阻止を訴えました。

キャンプ・シュワブのゲート前で開かれた抗議集会には、オール沖縄会議や各地の島ぐるみ会議などから参加したおよそ2000人がゲート周辺を埋め尽くしました。

集会では、ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表が「今からでも遅くはない。工事は止めることができる。政府に決断を求めていく」と訴えました。

参加した人々はゲートに向かって声をあげ、あらゆる権限を行使して建設阻止を訴える翁長知事を支えることを確認するとともに、基地建設反対の意思を改めて示しました。