シークヮーサーの皮の成分に排尿障害の改善効果

シークヮーサーの皮に含まれる成分が頻尿や尿漏れなど、排尿障害の改善に効果があることが大学の研究などでわかりました。

19日に会見したのは県の補助金を活用し、シークヮーサーを使った新たな健康機能性食品の開発を手掛けるバイオベンチャー企業です。

共同研究する琉球大学の照屋俊明准教授によりますと、シークヮーサーの皮に含まれる成分ノビレチンは、人による試験の結果、排尿障害の改善に効果がみられたということです。

販売を手掛ける沖縄リサーチセンターでは今後、モニター試験などを重ね「機能性表示食品」として新たなサプリメントや化粧品などの販売につなげ、県産シークヮーサーの付加価値を高めていきたいとしています。