沖縄労働局は、去年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」の結果をこのほど発表し、全体の8割近くにあたる事業場で法令違反を確認しました。

沖縄労働局は、違法な時間外労働や休日労働、賃金不払い残業など、労働基準関係法令の違反が疑われる県内の130事業場を対象に重点監督を実施。その結果、県内では全国の割合を上回る8割近くの事業場で法令違反が確認されました。

主な違反は、違法な時間労働で、全体の49.2%にあたる64事業場で確認され、中には1カ月200時間を超える事業場もありました。

沖縄労働局では、長時間労働を行った事業場に対し、医師による面接などを受けさせるよう指導しています。