辺野古の自然守って ドキュメンタリー映画上映会

新基地建設が進む名護市辺野古の豊かな海の自然を守ってほしいと5日夜、大浦湾に生息するジュゴンをテーマにしたドキュメンタリー映画の上映会が開かれました。

名護市での初上映会には、映画「ZAN」の監督でアイルランド人のリチャード・グレハンさんも出席しました。

タイトルの「ZAN」はジュゴンを意味する沖縄の言葉で、大浦湾の豊かな海や辺野古の新基地建設問題などを描きながら、ジュゴンの生息に必要な豊かな海が危機にあることを描いています。

映画を提供する日本自然保護協会では今後、全国各地で上映したいとしています。