東村文化・スポーツ記念館が完成 4月オープンへ

文化やスポーツ面で活躍した東村出身のヒーローたちの功績を称える記念館の落成式が行われました。

東村文化・スポーツ記念館は、東村出身者の功績や経歴を紹介しようと、東村が、総工費およそ5億8000万円をかけて建設していたものです。

記念館で紹介されているのは、琉球古典音楽の人間国宝・島袋正雄さん、アトランタとシドニーオリンピックに出場したウエイトリフティングの吉本久也選手、そしてプロゴルファーの宮里三兄妹です。

館内では、吉本選手と島袋正雄さんの功績が紹介されているほか、宮里三兄妹の優勝トロフィーなどが展示されています。

落成式で、伊集盛久東村長は「人口2000人足らずの小さな村から出た世界で活躍する人材の功績を発信していきたい」とあいさつしました。

ゴルフの宮里藍選手は、「この記念館にまた新たなトロフィーをどんどん置けるようにまた三兄妹で力を合わせて、そして家族と力を合わせて頑張っていきたいと思います」とあいさつしました。

東村文化・スポーツ記念館は4月上旬オープンの予定です。