宜野湾市の佐喜眞市長は、アメリカ軍機の騒音に対する市民からの苦情が増加しているとして、1月17日午前、沖縄防衛局に対して抗議しました。

佐喜眞市長は、アメリカ軍機の騒音に対する市民からの苦情が増加しているとして、沖縄防衛局の中嶋局長に対して、夜間の飛行禁止などを要請しました。これに対し中嶋防衛局長は、「今後とも引き続きアメリカ軍に対して要請していく」と回答しました。

宜野湾市では、センター試験が実施された1月14日にも、アメリカ軍機の騒音に対する苦情が寄せられていたということです。