QAB・ベトナム合作ドラマ

QABがベトナム国営放送と共同制作したドラマが完成し、1月16日にベトナム・ハノイで記者会見が開かれました。

沖縄を舞台にしたドラマ『遠く離れた同じ空の下で』は、沖縄の女性とベトナム人留学生との恋を描いたもので、2016年10月に沖縄とベトナムで撮影が行われました。

16日、ハノイで開かれた会見には主演の浦添市出身の宮城夏鈴さんら、関係者が出席。ドラマ初出演の宮城さんは「素敵な俳優さんたちと共演できていい経験になりました」とPRしました。

ドラマ『遠く離れた同じ空の下で』はベトナムでは1月22日に。QABでは3月20日に放送予定です。