県警が年頭視閲式

県警による、新年恒例の年頭視閲式が行われ、警察官らが訓練の成果を披露しました。

1月12日の年頭視閲式は、警察官の士気を高めるとともに訓練の成果を県民に披露しようと開かれるもので、県警本部や警察署、警察学校生などから約400人が参加しました。

訓示に立った池田克史本部長は「県内は飲酒運転や非行問題など、課題が山積している。積極果敢に責務を遂行し、県民の期待、信頼に応えていきたい」とあいさつしました。

このあと、不審者を警察官が取り押さえる訓練のほか、白バイ隊による運転技術が披露されると、訪れた人たちは一つ一つに拍手を送りながら見入っていました。