自民地方議員有志 沖縄の基地負担軽減で初会合

沖縄の基地負担の軽減を全国的に議論しようと、自民党の地方議員らが、3日、那覇市で初会合を開きました。

初めて開かれた会合には、全国の自衛隊基地を抱える市や町の議会議長や議員をはじめ、若宮防衛副大臣や仲井眞前知事らが出席。

呼びかけた岩国市議会の桑原敏幸議長は、基地機能の分散や訓練移転といった沖縄の基地負担の受け入れの議論に理解を求めました。

また、こうした活動を全国展開していく決議も採択されました。

若宮防衛副大臣は「キックオフした第一歩としては、素晴らしい会だった。この輪が全国に広がるよう期待したい」と述べました。