非常事態を想定した緊急配備訓練

拉致事件などの非常事態に迅速に対応しようと、本島全ての警察署が連携した緊急配備訓練が12月2日に行われました。

この訓練は、女性がストーカーに刃物を突きつけられ車で連れ去られたという想定で行われました。

訓練には、本島の全ての警察署が参加し、検問をしたり、ヘリを使って追跡したりと、犯人確保までの流れを1つ1つ確認しました。

参加した警察官は、「いち早く被害者の安全確保、被疑者の身柄確保、それから検挙逮捕につなげることが重要だと(改めて)思います」と参加した感想を語っていました。

県警では、本部と所轄が連携しながら緊急事態に備えることにしています。