母子家庭などをサポート「ゆいはぁと中部」開所

母子家庭などの親子の生活をサポートする支援センターが24日、北谷町にオープンしました。

24日にオープンした「ゆいはぁと中部」は国の一括交付金を活用し、母子家庭など、ひとり親世帯を対象に就労や生活などを支援する施設です。

2012年から県は母子寡婦福祉連合会に委託する形で「ゆいはぁと南部」を設置していましたが、これが評価を得て、中部地区の拠点として「ゆいはぁと中部」が設置されることになりました。

県内の母子・父子家庭の数は3万4800世帯あまりですが、中部地区では母子家庭数が3360世帯余りと、県内でも母子家庭が多いということです。

「ゆいはぁと中部」では子どもを対象とした無料の塾や親の就労を支援するパソコン講座などを開き、ひとり親家庭のサポートに当たるということです。