沖縄空手 メダル獲得3選手 凱旋

空手、世界ナンバー1になった県出身の3選手が11月1日、凱旋しました。

1日、大きな拍手中凱旋したのは、喜友名諒選手、金城新選手、上村拓也選手の3人です。3選手は、オーストリアのリンツで行われた世界空手道選手権大会の団体形で圧倒的な演舞を披露し優勝を飾りました。また、喜友名選手は、個人形でも優勝を成し遂げ、2連覇を果たしました。

空港で喜友名諒選手は「とても感激しています。」「4年後のオリンピックはまだまだ進化できると思うので、それに向けてまた毎日稽古に励んでいきたいと思います。」と話しました。3人は、出迎えた沢山の人から花束を受け取り、世界の頂点に立った喜びを噛みしめていました。