金城徹那覇市議会議長、進退に言及

辞職勧告が決議された議長の進退をめぐり空転している那覇市議会。8日、金城徹議長は「辞めるかどうかも含め協議に臨みたい」と、初めて進退に言及しました。

9月定例会が始まった那覇市議会では「議会運営が独善的」などとして不信任や辞職勧告が相次いで決議された金城議長による議事進行をめぐり、空転しています。

こうした中、8日の議会運営委員会で金城議長は、議会の正常化に向け、自身の進退も含めて協議したいと「議事を進めていきたい。辞任する、しないも含めて、誠意を持って協議したいと思います。よろしいでしょうか」と初めて言及しました。

一方で、金城議長は議会運営のあり方について、議長辞職に相当するものではなく、本会議とは別の場所で説明していきたいとしました。