16-08-21-05

地域の人材育成に役立ててもらおうと、県内の酒造メーカーが糸満市に寄付金を贈呈しました。

糸満市の西崎に本社を置くまさひろ酒造は地域貢献の一環として、1991年から毎年糸満市に寄付金を贈呈しています。

おととい、糸満市役所を訪れたまさひろ酒造の新城満社長は、「これからも様々な形で地域に貢献していきたい」と寄付金20万円を贈りました。

これに対し、上原昭糸満市長は「子どもたちのスポーツ大会の派遣費用など有効に活用させて頂きます」と感謝を述べました。

寄付金の贈呈は今回で16回目を数え、これまでの総額は720万円になるということです。