QABベトナム共同制作ドラマ 最終オーディション

QABがベトナム国営放送と共同で制作するテレビドラマ。5日にドラマのヒロインを決めるオーディションが行われました。

このドラマは、ベトナムから沖縄に留学してきた男性と沖縄出身の女性との出会いを軸に、豊かな沖縄の自然や文化を紹介しながら、観光地沖縄の魅力を伝えるものです。

沖縄入りしているベトナムの制作担当者らが審査に当たり、最終選考に残った15人がドラマのヒロインを決めるオーディションに臨みました。

ドラマは今年10月の那覇大綱挽から撮影がスタート。来年1月から3月にかけてベトナムとQABで放送されます。