高江ヘリパッド建設反対意見書を可決

高江の問題、議会でも激しい論戦となりました。県議会では21日、最終本会議が開かれ、与党会派から東村高江へのヘリパッド建設に反対する意見書が提案されました。意見書案は、与党3会派が共同で提案しました。

「政府が米軍北部訓練場ヘリパッド建設を強行に進めることに対し厳重に抗議するとともに、建設を直ちに中止するよう強く要請する」と新垣清涼県議が意見書を読み上げました。

これに対し、野党の「沖縄・自民党」からはSACO合意により、ヘリパッド建設と引き換えに北部訓練場の過半が返還されるが、返還そのものに反対なのか、また、騒音などの実態調査が不十分ではないかなどの質問があり、その答弁をめぐって、議場は一時騒然となりました。

採決では「沖縄・自民党」が反対、中立会派の「公明党」と「維新の会」は十分合意形成をして全会一致を目指すべきだなどとして退席したため、意見書案は与党の賛成多数で可決されました。