心臓病に苦しむ女の子を救おう

重い心臓病を患い、移植手術が必要な女の子を救おうと、両親らが募金への協力を呼びかけました。

森川陽茉莉ちゃんは「拡張型心筋症」のため、補助人工心臓を着用し生活していて、一刻も早い心臓移植が必要とされています。

陽茉莉ちゃんの父親の森川孝樹さんは、10歳から19歳までうるま市に住んでいて「沖縄に住むおじいちゃんたちに、元気なひまりを見せてあげたい」と活動への協力を呼びかけました。

父親の森川孝樹さんは「娘を何としても普通の生活に戻れるように、一日でも早く(目標を)達成できるためにご協力をよろしくお願い致します」と話していました。

「ひまりちゃんを救う会」では、アメリカへの渡航や移植手術の費用など2億9500万円を目標に、募金への協力を呼び掛けています。