大浦湾でサンゴ産卵

豊かな自然が残る名護市の大浦湾で2016年も神秘的な映像が届きました。

これは、6月21日午後10時過ぎ、名護市大浦湾のチリビシというポイント水深10メートルの様子です。画面いっぱいに広がるピンク色の物体。これ全部、サンゴの卵なんです。

卵を生んでいるのはミドリイシサンゴの仲間。

まだ他にも、産卵していないサンゴもあるとみられ、今後、数日間は産卵が続く可能性もあるということです。名護市辺野古に広がる大浦湾の海中では2016年も神秘的な自然のドラマが繰り広げられています。