宮古陸自配備 与党市議が予定地見直し要請

宮古島への陸上自衛隊配備を巡り、与党市議らが予定地の見直しを防衛省に求めるよう市長に要請しました。

要請では、配備の必要性はあるとしながらも、水源の保全地域に近い大福牧場周辺での施設建設は、市民の理解を得ることは到底困難として、計画への反対を表明しています。

眞榮城德彦宮古島市議「一般市民、議員としてですね、どうしても宮古島市民の不安を払しょくしなければならないし、一つでもリスクが高い所は避けるべきだということでこのような行動になったことを理解してほしい」

下地宮古島市長「それはそれとして真摯に受け止めて、どうするかは今考えているところ」

来週の市議会一般質問で市長がどう意思を示すのか注目されます。