16-05-13-08

一方、名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部では13日午後、ボーリング調査のためのスパッド台船3隻全てが海域を離れるようすが確認されました。

県と国との和解に伴う工事中断の一環と見られています。沖縄防衛局によりますと、12日までに海上のフロートについては25%が撤去され、オイルフェンスについては90%が撤去されているということです。