16-05-13-07

前回の知事の意見陳述から20日あまり。国地方係争処理委員会の4回目の会合が、さきほどから総務省で始まっています。

辺野古を巡る裁判の和解後、国の是正指示を不服する県の申し出を受けた委員会。前回の委員会で、意見陳述に立った翁長知事は、「是正指示は、地方自治の破壊そのもの」と政府の対応を批判していました。

委員会は、13日までに、国と県、双方から意見陳述に対する説明文の提出を受けていて、今回の会合では県から求めのある参考人を呼ぶかを含め今後の進め方などを協議しています。

審査の結果は、6月21日までに出されます。