16-04-11-03

石垣島トライアスロン大会が、4月10日行われ多くのアスリートが体力の限界に挑みました。

石垣島トライアスロンはスイム1.5キロ、バイク42キロ、ラン10キロのあわせて53.5キロを「個人」や、3人一組の「チーム」で競う鉄人レースで、およそ770人がエントリーしました。

午前8時、レースは石垣港に新たに整備された人工ビーチでスイムからスタート。続く、バイクでは沿道で多くの市民の声援を受けていました。

10日は、気温25度、湿度90パーセントを超える厳しいレースの中、選手はそれぞれの体力と気力の限界に挑みました。

レースは、男子が那覇市の桑原寛次選手が3連覇を果たし、女子は島根県の松本華奈選手が優勝しました。