清明祭 平和の礎刻銘者を追悼

沖縄戦で亡くなった人たちの霊を慰めようと、9日、糸満市で清明祭が行われました。糸満市の平和祈念堂で行われた戦没者追悼清明祭は、平和の礎に刻銘された人たちを追悼し、平和を発信しようと行われたものです。

主催した公益財団法人・沖縄協会の比嘉専務理事は、「宗教も人種も国も超え、思いを一つにしましょう」と挨拶しました。その後、平和への思いを込めた折鶴や歌が奉納され、平和祈念堂は追悼と平和への祈りに包まれました。