沖縄の人口増加率は全国トップ

2015年10月に行われた国勢調査の速報がこの程、発表され、沖縄の人口の増加率は全国トップで4万人あまり増加したことがわかりました。

総務省によりますと、2015年時点の沖縄県の総人口は143万4138人で、5年前に比べ3.0%増え、実数では4万1320人増加しました。一方、全国の総人口は94万7000人減少し、調査開始以降初めてマイナスに転じています。

人口が増加したのは8都県で、このうち沖縄県は東京都や神奈川県を抑え全国トップの人口増加率でした。

県内を市町村別にみると、与那原町が増加率トップとなった一方、粟国村などの離島では若年者の流出で10%以上減少しました。