16-02-21-02

県内のそろばん塾に通う子どもたちの暗算競技大会が那覇市で開かれています。

この大会は、沖縄県の珠算競技レベルを向上させようと毎年行われていて、15回目を迎えました。

競技は、ペーパーテストで行われる「個人総合」と、画面に次々に表示される数字を足していく「フラッシュ暗算」、それに読み上げられる数字を計算する「読み上げ暗算」の3種目で行われています。

21日午前中は、小学校4年生以下、午後からは、小学校高学年と中学生・高校生以上の部が開かれます。

子どもたちは、真剣な表情で集中しながら、驚異的なスピードで正解を導き出していました。