災害情報で協定締結

地震や津波など大規模災害が発生した際、市民に素早く情報を伝えるためにうるま市とFMうるまが協定を結びました。

大規模災害や災害が生じる恐れがある場合、被災状況や避難先など市に寄せられた情報をFMうるまを通じて放送することになりました。

FMうるまの伊波良和社長は「雨、洪水、地震、本当は小さなことから少しでも多くの方に(情報を)届けていきたい」と述べ、うるま市の島袋俊夫市長は「住民の方々が自ら減災に向けた活動、予防の対応もできるということで大きな力になり得るだろうとで期待をしています」と話していました。

FMうるまの放送はインターネットでも聞くことができます。