スポーツ少年団主催マラソン大会

爽やかな青空となった2月11日、スポーツを通して心も体も健康になろうと、子どもたちがマラソン大会に汗を流しました。

大会には野球やサッカー、テニスなど、那覇市のスポーツ少年団に所属する86団体からおよそ2200人が参加。心地よいお天気の中、あたかかい拍手と声援を受けながらそれぞれ挑んだコースを走り抜きました。

参加した4年生の女の子は「曲がるところとかがちょっときつかった」と話し、別の4年生の男の子は「体力をつけるために練習のときに5周走をやっていました」「また足を使って勝利に導きたいです」と話していました。

中にはこの日のために練習に励んだ子どももいたということで、爽やかな汗を流しました。