16-02-01-005

辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐり翁長知事は1日、国土交通大臣を相手に新たな裁判を起こしました。

国と県との裁判は3件目です。県側の弁護士らは1日午後、福岡高等裁判所那覇支部に訴状を提出しました。提訴は、埋め立て承認取り消しを一時無効とする国の決定について、国地方係争処理委員会が県の審査申し出を却下したことを受けたものです。

訴状では、埋め立て承認の取消しを不服として国土交通大臣に審査請求をした沖縄防衛局長は国策を実行する立場にあり、一般国民を対象とする審査申し立てができる立場にはないと指摘。

それにも関わらず、国交大臣が申し立てを受理し、埋め立て承認取り消しを一時無効としたことは地方自治法に違反すると訴えています。