読谷村がキンザー倉庫群受け入れを表明

嘉手納より南のアメリカ軍基地の返還計画を巡り、読谷村の石嶺村長が16日、浦添市キャンプキンザーの倉庫群などの移設を受け入れることを明らかにしました。

16日の議会で石嶺傳實読谷村長は「これは住民の安心安全を守るため、基地交付金を利用して村民の福祉向上に努めていきたい」と述べ、浦添市にあるキャンプキンザーの倉庫群などを受け入れ、再編交付金を受け取る考えを示しました。

村の担当者は、受け入れ理由について、基地を抱える村内の3つの自治会から「移設が進むのであれば、現実的な対応をしてほしい」との要請があったとと説明しました。

議会終了後、石嶺傳實読谷村長は「私の政治姿勢は変わっておりません。その中でも残念ながら基地内に新たな基地ができるということですので、これは苦渋の選択でやむなし」と話しました。

村では、今後手続きを進めることにしていますが、これまで受け入れに反発していた村長の方針転換に疑念の声も上がりそうです。