15-09-08-04s

集中協議を振り返り菅官房長官は会見で、「知事は頑な」と述べました。

普天間基地問題の原点は沖縄戦中、戦後のアメリカ軍による土地の強制接収にあるという翁長知事の主張に反論しました。

菅長官に記者が「知事の原点、いわゆる強制的に土地を取り上げられて基地が建設されて、代替施設を求められるのは理不尽だという主張には賛同できなかったと?」と質問しました。

それに対し菅長官は「それは賛同できません。戦後、様々な日本全国悲惨な中で皆さんが大変努力されて今日の豊かで平和で自由な国を築き上げたわけです」と答えました。

また、今後について菅官房長官は「法的な判断は行われた。地域の住民や自然環境に配慮しながら進めていくことは変わりない」と述べました。