15-09-08-05s

翁長知事は8日沖縄に戻り辺野古移設の是非を問う県民投票について様々な意見を聞いて考えてたいと述べました。

翁長知事は「(政府は選挙での民意を)認めたがらないと、前知事の承認がすべてであるというようなことでございますので、その意味では、第三者委員会のそういった瑕疵の存在によってのどうするかということをふまえて。県民、与党のみなさん、あるいは経済界からもいろんな意見がありますので、そういったこと等をふまえて考えていきたいということです」と話しています。

これは沖縄に戻って来た翁長知事が辺野古移設の是非を問う県民投票について記者団に問われて答えたもので、県民投票を具体的に考えているわけではないとしながらも様々な意見をふまえて考えたいと述べました。

また、国連での演説については沖縄の問題を国際的にクローズアップできる場だとして物理的に不可能がない限り出席したいとも述べています。