15-09-07-01

辺野古への新基地建設を巡り、政府と県は7日夕方、最後の協議に臨みます。政府は、8月10日から1ヵ月間、辺野古での作業を全て中断して、県との間で協議を進めてきました。

これまでに事務レベルも含め4回の協議が行われましたが、辺野古への新基地建設は受け入れられないとの県に対し、政府は辺野古が唯一の解決策との姿勢を崩しておらず、歩み寄りは全くみられていません。

工事停止期間中最後になるとみられる7日の協議には、政府から安倍総理以下関係閣僚が。また県からは翁長知事と安慶田副知事が出席することになっています。

翁長知事は埋め立て承認の取り消しも視野に、7日の協議に臨むものとみられています。