陳健一さんの特別授業

憧れの一流シェフの登場に調理師の卵たちは目を輝かせていました。

将来、プロの調理師を目指す専門学生たちのために、中華料理の鉄人として知られる陳健一さんを招いての特別授業が開かれました。

浦添市の調理師学校で開かれたこの特別授業。鉄人、陳健一さんが作る四川料理に欠かせないのが見ているだけでも『辛~い!』と言いたくなるほどの大量の唐辛子に豆板醤!

陳さんは「唐辛子は焦がさないようにするのが大事」などと細かく指導しながら、店の看板メニュー「麻婆豆腐」をはじめ、3品の作り方を伝授しました。

プロの味を覚えようと、勢いよく頬張る学生たちですが、せき込む男子学生は「唐辛子!まじ辛い!」、他の男子学生は「美味しい!しにうまい!」と話していました。

女子学生に自分でも作れそうですかと尋ねたところ「まだまだ。修業がいります。20年くらい」と話していました。

そして陳さんは、調理師の卵たちに「とにかく美味しいもの食べたい、作りたいという気持ちの方が強かった。だから楽しいと思うことを心掛けた方がいい」とメッセージを贈りました。

卒業を半年後に控えた学生たちにとって、将来の夢に1歩近づいた1日になったようです。