15-08-29-004

粟国島で旅客機が着陸に失敗した事故で29日、運輸安全委員会の事故調査官による調査が始まりました。

28日、粟国空港で第一航空の旅客機が着陸に失敗した事故で運輸安全委員会の事故調査官は29日午前10時半から調査を開始し、滑走路や機内などを調べたほか乗員からの聞き取りを行ったということです。

国交省運輸安全委員会山崎博介事故調査官は「気象状況がどう影響したかとか、操作がどう行われたかとか、操作を妨げるような故障があったのか。幅広く見ていかなければいけない」と話していました。

調査は30日以降も行なわれ、フライトレコーダーや音声記録の解析などを進めます。